メガネの正しいお手入れ方法

投稿者 :メガネのイシガミ on

メガネのお手入れ方法《ベストコンディションのために》

メガネのイシガミ全店では、当店でお買い上げいただいた眼鏡は勿論ですが、他社でお買い上げされましたメガネフレームのクリーニングメンテナンスを無料にて行っております。

遠慮なくお声掛けください。スタッフが適切なメンテナンスを行います。

(1本1本丁寧に作業を行いますのでお時間が少し掛かります。)

 

汗や皮脂が付いた状態でメガネを掛けずに放置していると、パーツが錆びたり変色したりする原因になります。
特にレンズはデリケートなのでお手入れが大切です。

水道水でジャーっと水洗いするだけでもOKですので、メガネを長持ちさせるためにも心掛けてやってください。

 

 

 

ご自宅で眼鏡をお手入れする場合

眼鏡は毎日使うツールなので、意外なほど汚れがついてしまいます。
汗・皮脂・埃・化粧品などが付着しても正しくお手入れすると快適にメガネをご利用して頂けます。

メンテナンスでより良い視界も確保できます。


1.まずは埃や砂など付着物を必ず水道水でジャーっと流てください。

埃や砂など付着物を水で流さずにカラ拭きをしてしまいますとレンズのコーティングが剥がれてしまうことがあります。

レンズコーティング剥がれのイメージ画像A-1

(同じレンズを角度を変えて反射光を取り入れておりますので見え方が違います)

上の写真Aですが、油汚れのようなところが全てレンズコーティングが剥がれてしまっております。

水で汚れを落とさずに埃や砂その他汚れが付着したまま、ごしごしと布で拭いてしまった結果です。

一度コーティングが剥がれてしまうとレンズを新しく注文する以外に綺麗にする方法はありません。

ここまでコーティングが剥がれてしまうと、レンズを通して見るモノの見え方も変な見え方になります。

 

 

レンズコーティング剥がれのイメージ画像A-2

 

A-1とA-2の写真は同じ写真ですがレンズの反射光の当て方を変えております。

真ん中付近は傷が多く見え方が不良になっております。

極端な例ですがコーティングが剥がれてしまうと、

・レンズに油が浮いているような感じになり不衛生な印象を他の人に与えてしまいます。

・視界不良になります。

・いくらゴシゴシ拭いてもコーティングの剥がれは改善しません。

そのため、変形によってシワができてしまい「クラックができる」という状態になってしまう場合があります。

・お湯で汚れを落とすのはNGです。レンズとコーティングは、それぞれが温度の変化によって変形してしまいます。

・アルカリ性・弱アルカリ性の洗剤はNGです。
反射防止などの被膜コートが剥離してしまう可能性があります。

 

水でジャーっと汚れが落とせましたら綺麗なタオルやティッシュペーパーなどで拭き取ってください。

鼻当て部品のパッド周辺汚れは、汗や皮脂や化粧品などの汚れなどが付きます。メガネのイシガミでは鼻パッド(シリコン・ハード共)については無償で交換させて頂いています。 一部ブランドの鼻パッドについては有料のものがございます。



メガネのフレームの場合、ホームセンターにも販売していないような小さな専用のネジなどを使用していますのでご来店頂けましたら無償にて対応させて頂きます。
※汎用性のネジについては無償にて取り換えが可能です。専用の特殊なネジや鼻緒パットに関しては有料となる場合がございます。

最後にメガネケースなどに入っているメガネ拭きや、メガネクロスなどで拭き上げてください。洗剤や皮脂などが残っている場合にはレンズの角度を変えて反射光を見るとキラッと光りますので丁寧にお手入れしてあげてください。

 

 

イシガミ各店でクリーニングメンテナンスサービス(無料)をご利用いただく場合

専用の超音波洗浄機を使用して洗浄致します。

もちろん無料ですのでスタッフにお声掛けください。

超音波で目に見えない小さな隙間の汚れを浮かしてスッキリ取り除きます。

※鼈甲フレームや偏光レンズなどは、水や超音波洗浄器に浸けますと破損する可能性がありますので超音波洗浄機はご利用になれません。


※コーティング剥がれがあるレンズを超音波洗浄すると、膜がはがれる原因になることがあります。


仕上げは必ずメガネ拭きで、力を入れ過ぎないようにやさしく拭いてください。







この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →