JAPONISM

CONCEPT

実用性を疎かにせず本質をデザインする。

造形の美しさをデザインする。

期待と驚きをデザインする。

実用的で無駄のないようにしつらえ、機能と造形のバランスをとりながら一捻り加える。アイウェアの新たなかちょ創造への挑戦

 

DESIGN

セオリーを覆すデザイン

それまでのものにリスペクトと感謝をしつつも、

「既成概念を覆す」こと。


HISTORY

「 日本的モダン 」1984年、BOSTON CLUB創立時からめがねフレームのデザイン企画会社として、アパレルメーカーや眼鏡商社のOEMを数多く手掛けて参りました。その経験を礎に、鯖江にある世界水準の生産技術を取り入れた日本産めがねとして、1996年IOFTにてハウスブランド“ジャポニスム JAPONISM"を発表しました。シンプルでありながら、存在感のあるフレームに、デザインだけでは終わらない機能性と実用性を加え、さらに遊び心をもエッセンスに取り入れた「機能が自然な形状に内包されたフレーム」が“ジャポニスムJAPONISM" です。
※ JAPONISM:19 世紀末、日本美術が西洋美術、欧米ファッションなどに影響を与えたムーブメント“ ジャポニスム" に由来します。