Pick UP

編集中 めがねのフィッティング ~掛け心地~

投稿者 :メガネのイシガミ on

編集中 めがねのフィッティング ~掛け心地~

年末年始のお家での時間が長くなる時に、メガネを『グキッ』と踏んでしまったりしてしまうことはないでしょうか?! 普通に使用していても幅が広がった状態やずれてしまう状態に慣れてしまい、不便なままでメガネを使っていることが多々あります。 最近ではマスクをすることがほぼ必須になりマスクとメガネが絡み合ってしまうなどないでしょうか。 マスクなどに引っかかったり、メガネを押しつぶしてしまうと以前よりもフィット感が悪くなった感じがすることに気が付く方も多いのではないでしょうか。  いつも良い状態のメガネを使ってもらうために、『メガネのイシガミ』ではメガネのフィッティング教育研修を受講したスタッフが全店舗に在籍しております。         メガネは使用すると自然にフィット感が変わりますので定期的な調整をにお立ち寄りください。(他店様の商品でも、無料で調整します)   メガネが徐々にズレたり掛け心地が悪くなる原因は、掛け外しの時になります。 メガネは掛けるときに頭蓋骨の広がっている部分を通ります。そのときに幅が少しずつ広がってしまいます。 眼鏡を開閉することでテンプルの片側だけネジが緩むこともおこります。 ネジは同じ方向にネジ山がありますので両テンプルの開閉によりネジを緩める動をしています。逆にどんどん固く閉まってしまい開閉が困難になるほどの場合もあります。    その他に一点に無理な力が加わってフレームがゆがんでしまうケースもあります。片手で掛け外しをした場合やメガネをしたまま着替えをして服が引っかかったり、マスクに絡みついてしまったり、メガネを掛けたまま寝落ちしてしまったりなど…        メガネの調整 ・メガネの歪み直し ・耳に掛かるテンプルの調整 ・鼻パットの調整 ・各部のネジの締め直しを行います。 ・掛けた時の調整  掛けた時にまっすぐ平行にになっているかを調整します。   ・鼻パットの調整や耳の掛かり具合を調整します。  眼鏡がズレるポイントはこの2ヶ所でほぼ解決できます。   ・目とレンズの距離を正しい距離に合わせます。  12mmがも距離が適切です。欧米の方の場合には14mmが適切と言われております。 ・横からレンズの角度調整を行います。  レンズは5°~10°前後下に傾いていると下方向に目を向けた時もモノが見やすくなります。 フィット感と見え方が改善されます。   厳密に言うと眼鏡のレンズの中心にはには光学中心というものがあります。 正しい位置でメガネを掛けないと物が歪んで見える状態になり眼が疲れる原因になります。   毎日使うものだからこそメンテナンスは必須になります。 専用の工具でメガネの掛け具合を調整いたします。 広がってしまったテンプルを元の形状やお客様のお顔の幅に調整します。 定期点検などでネジの締まり具合を調整します。 角度の調整などを行います。   上記の写真のようにメガネを調整する専用の工具を用いてお客様が快適にメガネを使えるように調整を行います。   毎日使うモノだからこそ良い状態を保つとストレスなくご利用いただけます。 メガネのイシガミでは調整やクリーニングを無料にて行っております。 他店様でご購入の眼鏡でも無料で調整しております。 是非お立ち寄りください。

続きを読む →

更新2021/11/20 カラーレンズをオススメしております。

投稿者 :メガネのイシガミ on

更新2021/11/20 カラーレンズをオススメしております。

カラーレンズをお勧めしております。カラーレンズはさりげないオシャレに最適で人とは違う個性が出せます。お顔の印象を変える効果も期待できるアイテムですし、どのように見られたいかも選ぶカラーで変化を持たせることができます。   カラーレンズは眩しさを軽減する効果があり視界をクリアな状態に保ち条件次第ではモノをクッキリ見せる効果があります。過剰に光が入らないので目も疲れにくく楽になります。濃いカラーも薄いカラーも、眼の健康とファッション性を考えるととても効果的です。   カラーレンズの最大の特徴はとして”おしゃれ効果”を印象付けることができます。ビジネスの場に置いてもカラーレンズをご利用される方は増えており適切な濃度と色味を選ぶことによりビジネスシーンでも使用は可能です。濃度の薄いカラーレンズならそれほど目立ちません。顔色が明るく見えることにより応対される中でお客様などに良い印象を与える効果も期待できます。 カラーレンズは+2,750円で 好みのカラーと濃度が選択、相談できます。 カラーレンズを選択される際には是非スタッフとご相談ください。   少しでもレンズにカラーが入っていると遮光しますので、眩しさを抑え目が楽になるという実用性もあります。ご自身の個性を引き出すことができます。     また、屋内外問わずメガネを掛け替える必要が無いのも良いポイントだと思います。 レンズのカラーが薄い場合でも濃い場合でも紫外線(UV)カットされます。 レンズカラーによって印象が変わるのも楽しめるポイントです。カラーはお人によって個性を出すこともできますし印象を変えることができるのでチャレンジしてみる価値ありです。     ブラウン 落ち着いた印象になります。グレーと同様にほぼ均一に目の中に入る光の量を抑えます。 また、ゴルフなどで芝生のラインが見やすくなるとも言われております。コントラストを高める効果が期待できます。 暖色に近い色実ですのでレンズにカラーが入っていても柔らかい印象になります。 ブラウンセルフレーム(あめ色)+ブラウン15フルカラー (色の濃さは薄いですが、掛けてみるとご自身のお顔とフレームの距離の関係で少し影理が出るので見た目以上に濃い感じになります)     ブルー 落ち着いた印象になります。 スタイリッシュで落ち着いた印象になります。色の感じから落ち着いた印象を持たせたい場合など良いのではないかと思います。ブルー系統の色の上にブルーライトカットのコーティングを乗せるとより綺麗なレンズに仕上がり、実用性も高まります。 レンズを通して見える視界もスッキリくっきりします。薄いブルーのカラーレンズは人気があり、グレーやブラウンと並んで使い勝手のよいものとしてご愛用いただけると思います。 ゴールドメタルフレーム+ブリーズブルー35フルカラー (この濃さは、営業職などのお仕事には向いておりません。フルカラーの10%の濃度が自然ですが、物足りないかもしれません)     グリーン 自然な色調を保つことができます。山や森など緑の多いところでご利用いただくとよりはっきりと見ることができます。目の疲れを軽減させる効果があるということも期待されている色でもあります。RayBanのサングラスなどでもレイバングリーンと言われるぐらい標準のカラーレンズとして用いられています。ファッション性も高く人と被りたくない、他の人と違うものがいいよいう方には、是非お勧めしたいカラーレンズになります。 フレームの色がアンティークゴールド+グリーンレンズ25フルカラー (お勧めしているカラーです。他の人と被る事が少ないですし、自然な見え方+コントラストが上がるることと、ファッション性が高いです。アンティークゴールドフレームとグリーンレンズは相性が抜群に良いです。)       2トーンセルフレーム+グリーン25フルカラー (写真と実物の差は殆どありません。薄く感じるかもしれないですが、掛けてみると影ができて雰囲気が出ます。重厚感が出ます)   シルバーメタルフレーム+グリーン15フルカラー  (シルバーのフレームとグリーンはライトな感じになります。プラスチックフレームほどの重厚感は出ませんが、15%の濃度なので色がついていることは認識されます)     グレー 特定の色の見え方を変えることなく目の中に入る光の量を減少させることができますので自然な見え方を保つことができます。用途は特に限定する必要はないですが、ビジネスの場合には落ち着いたシャープな印象になります。初めてのカラーレンズをお試しになる方もお勧めなベーシックな色です。目元に少し影ができますのでスタイリッシュでファッション性も良いとされています。男女問わずおススメです。 グレー15フルカラー+シルバーミラー 人気の金属クラシックアンティークゴールドフレームにカラーレンズを入れてみました。 ほとんどのの型が透明のレンズを選択されますが、ほんのりカラーを入れるだけで他の人との違いを出せます。ミラーコートをしているので反射光がキラっとなります。      スケルトングレーセルフレーム+グレー25フルカラー (間違いな組み合わせです。色の濃さで個性がハッキリしますのでどういう風に見られたいかによって濃さを調整する必要があります)     イエロー ウインタースポーツをされる場合や雪道での運転などの際におススメです。特に雪道では凹凸が裸眼の時よりもはっきりするという効果が期待できます。人と違う、被りたくないという方にはもってこの色になります。   スパーキーイエロー25フルカラー (著名人の方も愛用されている事が多いようですが、かなり個性的です。実用的ですが、間違いなくすれ違う人に見られます)   オレンジ 血色がよく見えて若々しく見えます。ビタミンカラーと呼ばれ目元が美しく見える効果もあります。夕暮れから夜にかけては物が視認しやすくなる効果が期待できます。 もともとが明るい色ですが、自初めてカラーレンズを試してみようという人にも試しやすいおススメできる色になります。       パープル 目元をスッキリさせて影を付け上品に魅せてくれる効果が期待できます。どちらかというとファッション性に富んだカラーレンズになります。こちらもグレーなどと同様に均一に目に入る光量をさげます。 ブラウンセルフレーム+パープル25フルカラー (ファッション性の高いカラーレンズです。10%程度の薄い濃度でも色がついているのが分かります。)       バイオレット パープルに近い色目で落ち着いた印象になります。 ファッション性が高いことと、遮光性の効果も期待できますので 明るすぎず目の負担が楽に感じ視界が見やすくなるかと思われます。 夜間は少し暗く感じてしまうかもしれません。  丸いデザインのフレームにバイオレットを合わるのも良いです。  メタルフレーム四角いデザイン+バイオレット25フルカラー (濃度が薄いとグレーにも見えます。濃度が濃いと写真のようにしっかりと色目が分かります。丸めがねにこの色を入れるとかなりファッション性の高いものになります)      ピンク ピンクのレンズカラーは、ファッション性が高いカラーです。 目元のの血色を良く見せる効果が期待できます。 視界が明るくなりコントラストをはっきりさせることができるため 雨の日や曇りの日でも視界が見やすくなります。 印象としては肌のトーンが上がって綺麗に見えるので、 健康的なイメージを与えられます。    ピンク15フルカラー (薄い濃度だとオレンジにも見えます。ピンクに+ミラーゴールドがのコーティングがかなりカッコいいです。)   プラム プラムグラデーション...

続きを読む →

クロムハーツ(CHROME HEARTS)のセルフレームの修理になります。

投稿者 :メガネのイシガミ on

クロムハーツ(CHROME HEARTS)のセルフレームの修理になります。

お持込のクロムハーツ(CHROME HEARTS)のセルフレームの修理になります。     分かりにくいのですが、矢印の部分が割けてしまいレンズが枠に収まらないようになってしまっております。 拡大した画像です。完全に割れてしまっております。 クロムハーツ純正のパーツを丁寧に取り外しバランスを整えます。 同じ素材の材料を圧着させて、削り研磨して元あるべき姿に仕上げていきます。 出来上がってバフ掛けを行った後になります。 どこが破損していたのか分かりません。新しいレンズを入れてご利用いただける状態になりました。  お持込のクロムハーツ(CHROME HEARTS)のセルフレームの修理になります。 アセテート(セルフレーム)が割れて破損してしまうと、ほとんどの方が使い続けるのを諦めるのではないでしょうか。 クロムハーツは正規取扱店のお買上げで10万円を下回ることはないと思います。正規御取扱店の、お修理の場合で5万円程するとのことでした。 弊社は専門の職人さんに修理をお願いしております。お時間は頂戴しますが、丁寧な修理を心がけ元々の状態に近いように、どこが破損していたのか分からないぐらいまでとことん突き詰めて修理します。 お値段は破損の具合によって違いは出ますが上記の写真の内容で正規店の価格を大きく下回ることができます。 クロムハーツ以外のブランドも勿論修理の受付をしておりますので、大切にされておりますフレームをもう一度使いたいということがございましたら、お問い合わせください。 可能な限りお客様のご要望にお応えできる方法を提案させていただきます。

続きを読む →

更新:眼鏡修理について

投稿者 :メガネのイシガミ on

更新:眼鏡修理について

弊社ではメガネに関する修理などを行っております。 他店様で断られたモノでもお時間頂けましたらどのようにすれば直るのかを考えて、修理方法をご提案できる場合がございますのでお声掛けください。 問い合わせフォーム→からも受け付けております。 お気軽にお問い合わせください。   1,眼鏡のメッキが剥がれ、再塗装作業  2,鼻パット(クリングス)取れロー付け修理  3,鼻パット抜けの修理(クリングス取付け) 4,セルフレーム(プラスチックフレーム)の磨きツヤ出し作業   ↑(ページ内移動します)↑       1、眼鏡のメッキが剥がれ、再塗装作業 1、眼鏡のメッキが剥がれた時や、  今まで大事にご利用になられていた眼鏡フレームのカラーを変えたいなど、 ございましたら動画のようにカラーリングを変更することができます。   ※メタルフレームに限ります。 ・眼鏡フレームの塗装 ・メッキの剥がれの再メッキ再塗装  ・お好みのカラーに塗り直し     2,愛用されておりますメガネが写真のように切れてしまったら、 鯖江の職人さんによるロー付け作業で修理可能です。 パーツが取れてしまったり折れてしまったりしたときに、 修理が可能なことがあります。 長く大切に愛用されておりますメガネや、大きく曲がってしまったりした場合に、 あきらめられていることはありませんでしょうか??   2,鼻パット(クリングス)取れロー付け修理 (上のムービーは鼻パット取付けです。) 一定期間お預かりが必要な場合もありますが、 できる限り元の形に整えてお渡しすることができます。 金属フレームの場合にはメッキ剥がれをすることがありますが、キレイに塗装しなおして修理も可能です。 合金、ステンレス、チタン+合金のメガネなどほとんどがメッキ塗装までできます。 他にもレーザー溶接なども行っており、眼鏡の種類や材質によって修理の工程などを細かく分けて行っております。 もしくはお好みのフレームの色があればできる限り近似の色に合わせて塗装をやり直しオリジナルの一本を作ることができます。     3,鼻パット抜けの修理(クリングス取付け) 機械仕事ではなく、職人さんが一本ずつ丁寧に作業を行います。 お困りのことがございましたら是非お問い合わせください。     4,セルフレーム(プラスチックフレーム)の磨きツヤ出し作業     3,レーザー溶接による折れた部分の接合 左の写真のように輪っかが切れてネジが回らなった場合でも、右の写真のように修理が可能です。 愛用されているメガネがトラブルに見舞われた場合にはこういうこともできます。 濃いカラーがついている場合、修理あとが目立ちます。機能的には全く問題はありません。 日数が必要です。     4,セルブリッヂ折れ(メガネの真ん中の) 修理 セルのブリッヂ折れ修理は、破損箇所付近の表側と裏側の生地を少し削り、その部分に類似色の生地を貼り合せて繋いだ後、研磨をして形を整えます。生地の模様や色が特殊な場合は、繋いだ痕が残ることがあります。 ※樹脂フレームや生地の劣化が激しいものは接着が出来ないため、修理不能になります。       5,大きく変形したフレームの型直しと耳掛けのパーツ交換 長くご愛用されているフレームですが、 踏んでしまった為、変形してレンズが外れてしまいました。 まず、耳の部分のプラスチックパーツ劣化の交換 鼻パットもくすんで変色しているので、綺麗なものに取換え作業 レンズも外れてしまっているので、取り付けと型直し作業を行います。 大きく変形したフレームでも元に近い形に戻すことが可能かもしれません。 何かにぶつかって変形したり、落として踏んでしまったなどありましたらご相談ください。 ①弊社では、お店で直せるものであれば無料にて調整させていただいております。お時間は少しいただきますが、かなり丁寧に作業します。     ②,耳掛けの取換えは有償になります。 ③,鼻パットは当店在庫分であれば無償でお取替え可能です。 他店にてご購入のメガネも承っております。       6,プラスチックフレームの変色した部分を磨く研磨加工   こちらのフレームの耳掛けのところが下記の左の写真のように汗で白く変色しているのを 右写真が特殊な研磨機で磨いたものです。 7,その他にプラスチックフレームの鼻パットの高さの変更 鼻盛りなどメガネの修理を承っております。 愛用されておりますメガネに故障が生じた場合には、 再塗装や修理調整を行って復活させることで ご利用いただけるようになることも多いと思いますので 一度ご相談ください。 他店様でお買い上げになられました商品でも承っておりますので ご相談ください。   遠方のお客様も、お修理を承っております。送料はお客様負担になりますがどこも受けてくれない修理や調整などございましたら、一度お問い合わせください。     ※作業の内容によっては、費用と日数が必要な場合があります。劣化の激しいフレームに関してはお受けできかねる場合がございます。ご了承お願いします。  

続きを読む →

眼への紫外線の影響はどのようなものか?

投稿者 :メガネのイシガミ on

眼への紫外線の影響はどのようなものか?

・眼への紫外線の影響はどのようなものか? そもそも紫外線とは? 紫外線は、波長の長さで 「A波(UVA)長い波長」 「B波(UVB)真ん中ぐらいの波長」 「C波(UVC)短い波長」に分けられます。 波長が短いほどエネルギーが強くなりますので身体への影響は大きくなります。 (上記掲載の図は東海光学様の資料を基にして作り変えております。)   太陽から降り注ぐ光線には、目に見える「可視光線(かしこうせん)」の他に、 「赤外線」「紫外線」「X線」「ガンマ線」「宇宙光線」などがあります。   UVCは最も肌や角膜などの細胞に対しての外傷性が強くなりますが、ほとんどがオゾン層などに吸収されます。   フロンガスなどの排出によってオゾン層の破壊がおこり、紫外線全般が人間に影響を及ぼすと言われているのはこのことからです。   オゾン層が形成されている場合では地表にはほどんと届いていないと言われております。   UVBは皮膚や眼に有害といわれております。   UVAは長時間浴びた場合の身体への影響は懸念されていますが直ちに危険な状態になるということはないと考えられております。   UVC>UVB>UVAの順になっており、短波長ほどエネルギーが強く影響が強く出ますが、オゾン層などでほとんど防がれ地表にまで届きにくい光線です。         ・紫外線は反射して眼に入ります 紫外線は太陽から直接的に照射されるものと、地面や自然界の建造物に反射して目に影響を及ぼします。 アスファルトの地面や海面や川なども紫外線を反射します、スノースポーツなどでは雪が紫外線を反射します。 またメガネのレンズも後ろや斜め後ろなどからレンズに光が当たり紫外線が目の中に反射して入ってくることもありますので裏面UVカット(紫外線カット)レンズ加工がオススメです。   反射光も楽になるうえに眼のケアも同時に行えますのでこの裏面UVカットコーティングは優れものです。 裸眼の場合には様々な方向から紫外線が眼に飛び込んできますので、将来の疾患に向けてのケアを考えられている場合にはサングラスやUVカット付きのメガネなど検討していただくと良いと思います。   最近ではレジャーやアウトドアなどの需要増加によりサングラスや調光レンズをご検討される方も増えております。海や川のレジャー、山登りをされる方やスノースポーツをされる方は是非ご検討ください。   なぜなら、山登りに関しては高度が上がるごとに眼に入る紫外線の量が確実に増えます。1,000m級の山の場合では平地と比べて紫外線が10~20%程度増えるといわれております。 季節を問わずアイケアは大事ですが、夏の砂浜で5%~20%程度紫外線の反射光が増えます。   雪山では約60%~80%を反射し普段過ごしている環境より紫外線量が格段に多くなるので、紫外線対策とアイケアが重要になります。         左の写真が従来コートで裏面UVカットをしていないと裏面からの反射で眼に紫外線が入ります。   右の図は裏面UVカット95%しますので眼の健康を考えられている方にオススメするコーティングです。ほとんどのレンズに裏面UVカットコーティングを施すことができます。       ・日に当たると、肌が日焼けをします。眼も日焼けします。  眼に入る可視光線(光)は情報を脳に伝える大切な器官です。唯一外界に接している人間の内臓でもあります。可視光線(光)は我々にとって欠かすことのできない情報を伝える役割を持っていますが、紫外線を多く浴びすぎると様々な問題がでます。       日中に太陽光を浴びていると肌は日焼けします。 眼の場合には日焼けというのは不正確で、酸化するというのが正解に近い考えだと思われます。   卵をフライパンに落とした時は白身の部分は透明ですが、熱を加えると酸化して白くなります。   同じことが眼球でも起こりますが、幸いなことにオゾン層や大気、そして人間の角膜や水晶体(さらにその奥の硝子体)などによって酸化するのを予防したりしております。   人間の場合にはサングラスやUVカットレンズ付きのメガネを使うことで更にガードを固くすることが可能です。     眼が日焼けをすると、上図の真ん中の楕円形の水晶体の部分が白濁します。   水晶体に強い紫外線を浴びせたり年齢を重ねられると白濁して白内障などになります。   若年層でもレーシック手術を行った場合に、角膜の細胞が破壊され水晶体で紫外線を受け止めることが多くなってしまい白内障になる場合もあります。 船乗りなど海に関するお仕事をされている方などはその他にも「翼状片」という状態になったりして視力の低下や見え方の悪さに繋がったりしますので、できるだけメガネやサングラスなどでのケアを怠らないようにしてください。         ・紫外線予防のための、サングラスやカラーレンズメガネを選ぶポイント   レンズのカラーと濃度(濃さ) ≪眼の「楽さ」に繋がります≫ 別の記事で「薄めのカラーレンズをおすすめします」 が、あるので   好みのカラーについてはそちらの方を参照していただいてイメージを膨らませて頂ければと思います。     POINT.1 紫外線(UV)カット率 サングラスやカラーレンズメガネを選ぶ際に重要なのは紫外線のカット率です。表記は様々ですが「紫外線透過率〇〇%」などと表記されています。   ほとんどのサングラスやメガネにおいても基本的にUVカットコートはもともと付いていますのでカット率は99%以上になります。海外のハイブランドなどは100%カットを謳っているものもあります。   その他に重要なのは裏面からの反射のUVカットコートを施すかが重要になります。紫外線から眼を守るために裏面反射防止コーティング(裏面UVカット)が非常に効果的です。       POINT.2 レンズ濃度 紫外線透過率と共に、重要なのがカラー(レンズの濃度・濃さ)です。 レンズが濃ければ濃いほど紫外線をカットしてくれるわけではありません。極端な例ですが、レンズにカラーが付いていなくても紫外線をカットできます。   レンズのカラーは光の光量を調節する機能です。ですので、カラーが濃いレンズほど眼に入る光の光量を減らすので刺激が少なくなり眼が楽に感じます。カラーが薄いレンズだと光の光量が多くなり刺激が大きくなります。  ...

続きを読む →