補聴器とは

補聴器の役割

単純に音を拡大するだけでなく、必要に応じて不要な雑音をカットするなどして聞こえやすさを追求しています。
難聴は、老眼などと同じでお年を重ねていけば誰にでも起こりえることです。
現在、補聴器は、日々、進化し、より小さく、デザインも多彩になっております。

両耳装着が最も効果的

人間に備わった左右の耳。この両耳に補聴器をつけることで、より自然な聞こえが得られます。音の方向感覚がつかみやすく、騒音下での聞きとりも快適。耳への負担も軽減されます。より自然な聞こえが得られますので両耳装用をお薦めします。 

補聴器の種類

耳かけ型

耳の後ろにかけて使います。小さく、軽く、耳にぴったりフィットするので装用感も実に快適です。

耳あな型

耳あな型補聴器はオーダーメイドタイプが主流です。聞こえも形も、使う人に合わせて仕上げるので、より快適な装用感と、自然な音質を体験できます。

補聴器の価格は機能によって様々です

雑音を抑えて言葉を聞き取りやすくする、ハウリングを抑える、きめ細かく調整できる、耳の穴の形状に合わせてひとつひとつ作られるオーダーメイドなど、より聞き取りやすくするための機能や快適に使うための機能など多くの違いによります。

同じ形状の補聴器でも、搭載されている機能が多いほど価格は高くなります。また、使う人の聴力や聞こえの状態に合っていれば、価格の低い補聴器で快適に聞こえるという場合も珍しくありません。
通販などで紹介されている『集音器』には、補聴器のような機能は搭載されておらず、機能・音質面での差はかなりあります。