中近両用レンズとは

投稿者 :メガネのイシガミ on

レンズの中に度数がたっぷりと入っています。

一般的にはテレビを快適に見えるぐらいの中距離を見るためのものですが、実際には遠くの景色も良く見えますし、テレビまでの距離も良く見える、パソコンと手元の資料の確認作業に追われる方でもストレスなく掛け続けていただけるので遠近両用レンズよりも中近両用レンズを愛用するお客様が増え始めております。

 

デザイン

こちらもレンズの見た目の境目がなく、自然なデザインになっております。

度数の変化がゆっくりでたっぷり度数が入っておりますのでマイルドな見え方を体感していただけます。

 

見えにくいことに気が付くタイミング

会議などで近くも見ないといけないし遠くも見ないといけないけれどもピントが合いにくく見えない…そんな時に試していただきたいです。

やはりこちらも近くの見え方に違和感を覚えて気が付く方が多いです。もしくは遠近両用レンズをすでにお持ちの方でも、遠くはそこそこでいいのでパソコンがよく見えるようにして欲しいというご要望で、遠近両用レンズと中近両用レンズの2本を愛用されるお客様が増えております。

 

良いところ

上部、中部、下部で度数が緩やかにたっぷり入っているのであらゆる距離を工夫すると見えます。歩ける老眼鏡といわれるぐらい違和感がない度数の変化ですので、使い始めたその時から馴染みやすいレンズになっております。

 

弱点

レンズの大きさが中ぐらいのサイズ以上のフレームを選ばないとレンズの持つ効果が引き出せない

 

最近の流れでクラシカルなメガネフレームが人気なので、中ぐらいのサイズのレンズフレームを選んでも大きさを気にせず長くご愛用いただけるおすすめのレンズになります。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →