尼崎店 不動明王を描く

メガネのイシガミ尼崎店の井上です。
私の趣味は絵です。定年してからデッサンを11か月習いました。デッサンの先生に油絵を描きたいと話し同じ先生に油絵を習っています。現在始めてから10ヵ月。3作目に取り掛かっています。
3作目は「不動明王」。3月21日に愛犬のアックスが虹の橋に行ってから約3ヵ月、少しずつアックスのいない生活のリズムが出来てきました。そんなある日、ふと不動明王を描きたくなりました。1つは自分のメンタル面の弱さと私の周りで厭なことが続いて起きたからです。

自分の中の負を払拭する、その思いで色々な不動明王を観に行きました。

5月には兵庫県立美術館「河鍋暁斎展」に行きました。
不動明王を観て何かを感じそれを描きたい。そういう思いで拝観しました。
全くの無知でしたので、不動明王に関して色々な本を読み、ネットも勉強しました。
そのことを絵の先生に話すと、知ることは良いことだが大事なことは、観て感じたことを形に捕らわれず、自分の思いを込めて楽しんで描いてくださいとアドバイスをいただきました。

あと何ヵ月かかるかわかりませんが、自分の納得いく絵ができるまで描きたいと思っています。まだ20%程度の完成度、途中経過ではありますが写真を載せます。(妻には塗り絵みたいだと酷評されます)

最後に私のメガネの使い分けをご紹介します。
美術館で絵を鑑賞するときや神社仏閣を参拝するときは(普段掛けている)遠近両用メガネと単焦点メガネ。
キャンバスに向かい絵を描くときは中近両用メガネ。
細かい部分を描くときは近々両用メガネを使用しております。
油絵を描くようになってから、距離に合わせてメガネを掛け替える必要性をこれまで以上に感じています。

皆様も是非、距離別・用途別メガネをご検討下さい。
(注、ブルーライトカットレンズは、色合いが少し変わりますので、色彩感覚が必要な仕事・趣味の方は気を付けてください。)

メガネのイシガミ尼崎店 井上

リンク